SEOとは?(ホームページ)

初歩的なSEOについての説明です。

まず、SEOとは何か?
SEOとは「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」を意味します。
つまり、検索エンジンの検索結果の上位表示を狙って工夫することや、その為の技術の事をSEOと呼びます。

SEOによる上位表示のメリットとは?
何故、SEOをするのか。
それは、多くの人たちが自分の調べたい事をインターネットを使って調べる際には検索エンジンに知りたいキーワードを入れて検索するからです。
大抵の人は数多くあるホームページから上位表示されたものしか見ません。
つまり、上位表示されないサイトは人にあまり見られないサイトになってしまいがちです。
なるべく多くの人の目に止まるサイトにするためにはコンテンツの充実、ビジュアル面も勿論大切な事ですが、SEOによる上位表示も重要なポイントとなってきます。

技術的なSEO
HTMLをW3C(World Wide Web Consortium)に準拠した仕様にします。
W3CはWWWの様々なルールの普及と標準化を進めている団体です。 WEB標準であるW3C標準に準拠したWEB制作(XHTML+CSS)を推奨しています。
さらに、クローラーの特性にあわせた記述をします。
基本的にW3Cに準拠した上で、検索されたいキーワードをサイトのテキスト内に含ませることでクローラーがキーワードを認識します。titleタグや見出しタグ内に含まれたキーワードは重要視されます。strongタグ内のキーワードも有効ですが以前ほどの効果はないように思います。(strongタグ多用によるスパム効果の増加のため)
さらに、ソースに記述されている順番も関係してきます。
テキストで例えば、「ケーキ屋」のキーワードを重要視されたい場合に「ケーキ屋××」と「××ケーキ屋」では「ケーキ屋××」の方が良いと思われます。
つまり、先に記述された言葉の方が重要視されるという事です。

現在SEOとして有効といわれている方法
ここでは、SEOとして有効されている方法を紹介します。
ただ、過剰なSEOはスパムと判断される場合もあるのできをつけましょう。

外部サイトからの被リンク
外部のサイトからリンクをはってもらうことで、SEO効果がある。
理由としては、被リンクは別のサイトからの推薦状みたいなものなので、良いサイトとして認められているという意味合いからだろう。つまり、たくさんのサイトからの被リンクは、たくさんの人から推薦をうけているサイトともいえる。また、リンクしてくれているサイト自体の評価が高い(被リンクが多かったり、上位表示されたり、googleのページランクが高い等など)と、高評価サイトが推薦しているサイトという意味合いがあり、なおSEO的効果が見込める。

大手ポータルサイトへのデイレクトリ登録
これは、上記の被リンクと同じ意味合いを持ちます。
ポータルサイトも、高評価のサイトである場合が多いので、ディレクトリ登録するという事は被リンクになるのでSEO的効果が見込める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です