アウトラインデータを作る理由(DTP)

アウトラインデータを作る理由は、フォントによる文字化けです。
広告など印刷物には様々なフォントが使われる場合が多いのですが、製作者の使用しているフォントが印刷会社や取引先にもあるとは限りません。
その結果、相手先に全く違うデザインにとらえられたり、印刷にまわせない等の非常事態をひきおこす可能性があります。その点、制作物全てをアウトライン化することで文字化けを気にせずデザインを見たり、印刷にまわす事ができます。
印刷の際、使用するのはアウトラインデータになるのでフォルダの中にはアウトラインデータと使用する画像にしておき、さらにフォルダのなかにフォルダをつくり、アウトラインまえのデータを入れておきます。「OLまえ」と名前をつけておくとわかりやすいでしょう。

Related Articles:



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です