ホームページ制作で、手打ちでhtmlやcssを記述できる必要性

ホームページ制作用ソフトのおかげで、最近はホームページの作成自体が昔よりかなり楽になっている。
それに、伴いホームページはソフトさえあれば誰でも作れるとおもわれる事もある。
これは、ある意味あっており、ある意味間違っているともいえる。
つまり、どのようなホームページを制作するのかということが基準となる。
「ホームページ制作ソフトで、どんなホームページでもいいから作ってくれ」
と言われれば少し経験があればできるかもしれない。
しかし、
「こんなホームページを作ってくれ」
という希望に沿うホームページをつくる事は難しいということである。
しかも、ソフトに頼り切ってソースの意味さえわからずホームページを作ると無駄なタグがいっぱい作られてしまい、表示の重たいホームページや修正しにくいホームページ、SEO効果が期待できないホームページができるという大変大きなデメリットがある。
もちろん、クォリティも期待できない。
そのため、最低限タグは手打ちで打てるようにしておかなければ作りたいホームページをあきらめざるを得ないだろう。
ホームページ制作ソフトは、あくまで制作の補助であり、作業効率を高めるための道具であると思う。