ホームページ制作で、手打ちでhtmlやcssを記述できる必要性

ホームページ制作用ソフトのおかげで、最近はホームページの作成自体が昔よりかなり楽になっている。
それに、伴いホームページはソフトさえあれば誰でも作れるとおもわれる事もある。
これは、ある意味あっており、ある意味間違っているともいえる。
つまり、どのようなホームページを制作するのかということが基準となる。
「ホームページ制作ソフトで、どんなホームページでもいいから作ってくれ」
と言われれば少し経験があればできるかもしれない。
しかし、
「こんなホームページを作ってくれ」
という希望に沿うホームページをつくる事は難しいということである。
しかも、ソフトに頼り切ってソースの意味さえわからずホームページを作ると無駄なタグがいっぱい作られてしまい、表示の重たいホームページや修正しにくいホームページ、SEO効果が期待できないホームページができるという大変大きなデメリットがある。
もちろん、クォリティも期待できない。
そのため、最低限タグは手打ちで打てるようにしておかなければ作りたいホームページをあきらめざるを得ないだろう。
ホームページ制作ソフトは、あくまで制作の補助であり、作業効率を高めるための道具であると思う。

ホームページを作成する際に気をつけたい事

ホームページ作成時に、デザインはもちろんだが、正しいタグ付けでなるべくシンプルなソースの記述にしたい。
ごちゃごちゃと無駄なタグが多いのは、検索エンジンにも好かれないし、後々ホームページをカスタマイズしたりするときに困る為だ。
タグも間違った順序、不自然な記述はSEO的にマイナスだ。
見出しタグは、通常「h1」タグから順番にh2、h3・・・・という具合になっている。
h3が真っ先にあって、そのあとでh1がくるとか、h1ばかりたくさん記述されているとかはマイナスだ。
ヘタするとスパム認定される可能性さえ出てくる。

ホームページを作成するなら、誰もがSEOを多かれ少なかれ意識していると思う。
しかし、SEOばかり意識してウェブデザインがないがしろにならないよう気をつけたいところである。