DTP環境とホームページ制作の環境

紙媒体のデザインとホームページ制作は、別環境で行っている。
DTPは、Mac G4でos9.2、ホームページ制作はWin Vista。
DTPの方は、この環境がないと困るので、別にしている。

ウェブデザイン技能検定

以前、ウェブデザイン技能検定3級を受けてきました。
合格率高めな試験ですが、一応勉強していきました。
とりあえず合格で一安心。
2級、1級となると難易度があがることもさることながら、結構試験代も上がります。
そのうち、また受けてみようと思います。

知的財産管理技能検定

以前、知的財産管理技能検定3級を受けてきた。
合格率の高い試験ですが、一応合格してホッとしました。
仕事に関する部分もあって勉強がてら受けてみました。
勉強で再認識する部分なども多かったと思います。

ホームページ制作で、手打ちでhtmlやcssを記述できる必要性

ホームページ制作用ソフトのおかげで、最近はホームページの作成自体が昔よりかなり楽になっている。
それに、伴いホームページはソフトさえあれば誰でも作れるとおもわれる事もある。
これは、ある意味あっており、ある意味間違っているともいえる。
つまり、どのようなホームページを制作するのかということが基準となる。
「ホームページ制作ソフトで、どんなホームページでもいいから作ってくれ」
と言われれば少し経験があればできるかもしれない。
しかし、
「こんなホームページを作ってくれ」
という希望に沿うホームページをつくる事は難しいということである。
しかも、ソフトに頼り切ってソースの意味さえわからずホームページを作ると無駄なタグがいっぱい作られてしまい、表示の重たいホームページや修正しにくいホームページ、SEO効果が期待できないホームページができるという大変大きなデメリットがある。
もちろん、クォリティも期待できない。
そのため、最低限タグは手打ちで打てるようにしておかなければ作りたいホームページをあきらめざるを得ないだろう。
ホームページ制作ソフトは、あくまで制作の補助であり、作業効率を高めるための道具であると思う。

ドメイン年齢はSEOに効果的なのだろうか

ホームページ制作において、ビジュアルやユーザビリティなど気をつけるべき点はいくつかあるが、その中でもSEOはかなり重要なところ。
ホームページの閲覧自体が商売につながるような業種であればなおさら気になるところだ。
SEOの要素は、たくさんあるが今回はドメイン年齢について考えてみた。
ドメインの歴史(使用年数)が長いほどSEO効果が高いというもの。
だが、この要素もドメイン売買によって多少かわりつつあるようだ。
だいたい、SEO効果が高い方法は、それに伴った商売が始まる。
ドメイン売買は、歴史が長いドメインや被リンクなどで評価が高い(ページランクが高い)サイトのドメインを売買することである。
同じジャンルのサイトを運営する場合、かなり効果的といわれる。
なのでそれなりに高値で取引されていたりする。
だが、検索エンジンはあくまで高品質なホームページを上位に表示したい訳で、その一要素がドメイン年齢である。
ドメイン売買によって、中身の全く違うサイトが上位に表示されるのは本意ではない。
それにともない、ドメイン年齢によるSEO効果が以前よりうすれてきたとの声もあるようだ。