ドメイン年齢はSEOに効果的なのだろうか

ホームページ制作において、ビジュアルやユーザビリティなど気をつけるべき点はいくつかあるが、その中でもSEOはかなり重要なところ。
ホームページの閲覧自体が商売につながるような業種であればなおさら気になるところだ。
SEOの要素は、たくさんあるが今回はドメイン年齢について考えてみた。
ドメインの歴史(使用年数)が長いほどSEO効果が高いというもの。
だが、この要素もドメイン売買によって多少かわりつつあるようだ。
だいたい、SEO効果が高い方法は、それに伴った商売が始まる。
ドメイン売買は、歴史が長いドメインや被リンクなどで評価が高い(ページランクが高い)サイトのドメインを売買することである。
同じジャンルのサイトを運営する場合、かなり効果的といわれる。
なのでそれなりに高値で取引されていたりする。
だが、検索エンジンはあくまで高品質なホームページを上位に表示したい訳で、その一要素がドメイン年齢である。
ドメイン売買によって、中身の全く違うサイトが上位に表示されるのは本意ではない。
それにともない、ドメイン年齢によるSEO効果が以前よりうすれてきたとの声もあるようだ。