検索関連キーワードによるSEOがあやしい気がする件

最近のSEO手法の一つで、検索したキーワードの関連キーワードを意図的に出す方法がある。
そもそも、関連キーワードは検索したワードに対して、よく検索されている関連ワードを表示するサービス。検索する側の手間を省く意味合いがある。
つまり、多くの人が検索しているワードを自動的に割り出して表示して手助けするものであり、決して意図的に表示して宣伝の為に使うものではない。
検索していると、あきらかに意図的に表示させている関連キーワードが目につくが、あきらかにスパム扱いの危険性があると思う。
現時点では、通用しているようだがスパム扱いでペナルティを受けるのは時間の問題かも。

ホームページ制作で、手打ちでhtmlやcssを記述できる必要性

ホームページ制作用ソフトのおかげで、最近はホームページの作成自体が昔よりかなり楽になっている。
それに、伴いホームページはソフトさえあれば誰でも作れるとおもわれる事もある。
これは、ある意味あっており、ある意味間違っているともいえる。
つまり、どのようなホームページを制作するのかということが基準となる。
「ホームページ制作ソフトで、どんなホームページでもいいから作ってくれ」
と言われれば少し経験があればできるかもしれない。
しかし、
「こんなホームページを作ってくれ」
という希望に沿うホームページをつくる事は難しいということである。
しかも、ソフトに頼り切ってソースの意味さえわからずホームページを作ると無駄なタグがいっぱい作られてしまい、表示の重たいホームページや修正しにくいホームページ、SEO効果が期待できないホームページができるという大変大きなデメリットがある。
もちろん、クォリティも期待できない。
そのため、最低限タグは手打ちで打てるようにしておかなければ作りたいホームページをあきらめざるを得ないだろう。
ホームページ制作ソフトは、あくまで制作の補助であり、作業効率を高めるための道具であると思う。

検索順位に比例するもの

最近、仕事用のホームページの検索順位がじわじわ上がってきた。
まだまだだが、今までにくらべるとかなり上がってきている。
それに比例して営業の電話が頻繁にかかってくるようになった。
おもしろいように比例している。
検索して表示されたサイトに電話する営業方法が実に多いということがよくわかる例である。

ドメイン年齢はSEOに効果的なのだろうか

ホームページ制作において、ビジュアルやユーザビリティなど気をつけるべき点はいくつかあるが、その中でもSEOはかなり重要なところ。
ホームページの閲覧自体が商売につながるような業種であればなおさら気になるところだ。
SEOの要素は、たくさんあるが今回はドメイン年齢について考えてみた。
ドメインの歴史(使用年数)が長いほどSEO効果が高いというもの。
だが、この要素もドメイン売買によって多少かわりつつあるようだ。
だいたい、SEO効果が高い方法は、それに伴った商売が始まる。
ドメイン売買は、歴史が長いドメインや被リンクなどで評価が高い(ページランクが高い)サイトのドメインを売買することである。
同じジャンルのサイトを運営する場合、かなり効果的といわれる。
なのでそれなりに高値で取引されていたりする。
だが、検索エンジンはあくまで高品質なホームページを上位に表示したい訳で、その一要素がドメイン年齢である。
ドメイン売買によって、中身の全く違うサイトが上位に表示されるのは本意ではない。
それにともない、ドメイン年齢によるSEO効果が以前よりうすれてきたとの声もあるようだ。

ホームページを作成する際に気をつけたい事

ホームページ作成時に、デザインはもちろんだが、正しいタグ付けでなるべくシンプルなソースの記述にしたい。
ごちゃごちゃと無駄なタグが多いのは、検索エンジンにも好かれないし、後々ホームページをカスタマイズしたりするときに困る為だ。
タグも間違った順序、不自然な記述はSEO的にマイナスだ。
見出しタグは、通常「h1」タグから順番にh2、h3・・・・という具合になっている。
h3が真っ先にあって、そのあとでh1がくるとか、h1ばかりたくさん記述されているとかはマイナスだ。
ヘタするとスパム認定される可能性さえ出てくる。

ホームページを作成するなら、誰もがSEOを多かれ少なかれ意識していると思う。
しかし、SEOばかり意識してウェブデザインがないがしろにならないよう気をつけたいところである。

Yahoo!オンビジネス サービス終了。そして新サービス、Yahoo!ニュース 企業トレンドホームページ

Yahoo!オンビジネスが終了するらしい。
Yahoo!オンビジネスは、企業のサービス内容やプレスリリースを無料で発信できるので使用していたが、先日サービス終了メールがきた。
2010年12月15日(水)で終了。
代わりに企業が直接コンテンツを配信できるサイト「企業トレンド」というサービスが始まるらしい。
ここまで読んで何か嫌な予感がしたが、やはり有料サービスです。
http://corp.news.yahoo.co.jp/

WordPressによるテンプレート作成とSEO

WordPressによるテンプレートを作成。
WordPressによるホームページはSEO効果が高いといわれているが、ただそのまま使用してもなかなか効果は上がらないようだ。普通のホームページと違って更新も楽でブログのように更新できる一方で、ビジュアル的にはテンプレートを変えたり、自作で制作すればブログっぽくないホームページにもできる。
一時期、ブログが検索によくひっかかる事があった。
ブログは、一記事投稿すると複数のページが自動的に生成される特性がある。
アーカイブページ、月別記事など・・・。
そのため、内部リンクを増やすと同時にページも増えてSEO効果があがっていたというところだろう。
そのため、ブログが続々と検索上位にあがったりする事もあったのだが、基本、検索順位を決める条件は人が決め、どんなサイトを上位に表示するかのルールを決める。
好ましいのは、本当に検索する人の検索キーワードに対して有意義なサイトである事。
そのために度々基準が変化してくる。
一時期に比べ、ブログへの評価は下がったように感じる。
ブログのように、意味なく同一の記事が大量にできる部分(アーカイブページなど)の量を判断し、ブログかホームページかある程度判定するような基準になったように思う。
特にgoogleよりYahoo!の方が顕著に現象があらわれているように思う。
そのためWordPressのテンプレートにも、機能を増やすだけではなく、思い切って必要ない部分を削る必要性もあるように思う。

Yahoo!オンビジネスでSEOの為、企業を登録する

Yahoo!オンビジネスというサービスがある。
企業情報、製品・サービス情報・プレスリリース情報を掲載できる企業向けのサービスだ。
必要事項を記入して申込み、問題なければ掲載される。有料の登録・運用代行を頼むこともできるが、自分で申込み、運用すれば無料である。
最近、実際に申し込んでみたが会社としての記入事項に問題なければ結構すんなり掲載される。
無料で使えるサービスでyahooに掲載されるのはかなりうれしい。
SEO的にどれだけの効果がみこめるのかは不明だが、やっておいて損はないと思うサービスだ。

Yahoo!JapanビジネスIDを取得して申込する。(Yahoo!JapanIDではない)
http://onbiz.yahoo.co.jp/

ホームページのカテゴリ登録のSEO効果は?

しばらくDTPの仕事をしており忙しかった為、久しぶりにホームページの検索順位をチェックした。
以前のYAHOOカテゴリ登録によりだいぶ狙いのキーワードでの順位は上がっているが、ある程度の位置でおちついた感じである。
さすがに、YAHOOカテゴリ登録だけでは難しいと思っていたのでその他多少のSEOは施しているがここに来てすこし行き詰っている。
YAHOOカテゴリ登録でYAHOOでの検索順位では効果が上がっているのだがgoogleではイマイチ効果が上がっていないみたい。
クロスレコメンドていう複数の大手サイトにカテゴリ登録する為の審査を行っているサービスがある。
株式会社クロスリスティングのサービスでエキサイトやgoo、BIGLOBEその他複数のサイトに登録するための審査である。
審査には、42,000円(一般サイト)がかかる。
YAHOOより安いがその効果はどうだろうか?
googleページランクの高い大手サイトからのリンクの為にgoogleでのSEO効果を期待したいところだが・・